グループホームは認知症の高齢者が、その人らしく自由にありのままに、自信を持って暮らしてもらう共同居住形態の住宅です。いわゆる施設とはコンセプトが全く異なります。

家族だけで認知症の高齢者を介護していくのは並大抵のことではありません。家族が限界を感じたら、お年寄りをお預けするのをおすすめします。

グループホームは、介護する、介護される関係ではなく、ともに暮らす仲間として生活する共同住宅なのです。

高齢者ができることをたくさん見つけて、それらをつなぎ合わせて生活が可能となります。
スタッフが万全のサポートをしますので、安心してお預けできるのが、グループホームなのです。
イメージ イメージ イメージ 
こちらからご覧ください。